社内プロジェクトチーム・研修チーム始動!

いい会社づくり2024.02.01

社内研修の一つである「木鶏会」を、
社員主導で推し進めるべく、研修チームが始動します📣

🐔🐔🐔🐔🐔🐔🐔🐔🐔
木鶏会とは・・・・

江南ラミネートでは、人間力向上のための研修として「木鶏会」を行っています。

「木鶏会」では、致知という雑誌を読んで記事の感想文を書き、
グループになって発表しあいます。

その際、良いところに注目する「美点凝視」の精神で、
発表された感想文に対し、他のグループメンバーが感想を返します。

このやり取りをすることで、
仲間の良いところを見つける力が鍛えられたり、
社員同士でのコミュニケーションに役立ちます。

普段仕事をしてると関わることが少ない社員とも話すことができ、
良い交流の場になっています🌸
🐔🐔🐔🐔🐔🐔🐔🐔🐔

木鶏会は全社員が集まって行うのが通例だったのですが、
コロナ禍で大人数で集まることが難しくなってからは、
部署ごとに行っていました。

コロナ禍が明け、
いよいよ全社での木鶏会を行うことも多くなってきたところで・・・

社内プロジェクトチームの1つ「研修チーム」が主導で行っていくことになりました🎉

木鶏会の司会進行はもちろんのこと、
数か月に1度の全社研修の段取りなども行っていく予定です。

よりよい木鶏会にできるよう、
研修チームのリーダーが「木鶏会リーダー育成塾」を受講しました。
お疲れ様でした🍵

木鶏会の目的や、相互理解の大切さを理解することができたそう。
個人の成長・会社全体の成長の場にできる木鶏会になると良いですね!

研修&木鶏会

いい会社づくり2024.01.31

1月27日(土)

この日は、月に1度の社内木鶏会の日でした。
また、数か月に1度の全体研修の日でもあります。

一日を使って、午前中は研修。午後は木鶏会を行いました。

午前中の研修の時間では、
大王製紙の社員の方に講師としてお越しいただき、
「紙についての勉強会」を開催!

お休みのところ、講師を引き受けていただきありがとうございました!

今まで現場で得てきた経験と、今回の研修で得た知識が合わさり、
とても良い学びを得ることができました😊

オペレーターとして働く社員も、
事務所で働く社員も、
日々扱っている紙について、詳しく知ることができました。

教えていただいたことを活かして、
さらによい製品づくりをしていきましょう💪

—————————–

午後の木鶏会では、
誰と一緒のグループになるかドキドキのくじ引きから始まり、
「致知」を読んでの感想文の発表が行われました。

普段仕事をしていると話す機会があまりない社員同士で交流ができるのが、
社内木鶏会の良いところだと思います。

次回の木鶏会も頑張りましょう🐔

🌸🌸🌸🌸

また、これからの研修&木鶏会は、社内プロジェクトチームの一つである
「研修チーム」が主導で行っていくことに決定しています✨

リーダーの森田さんが、
社内木鶏会の進め方についての勉強会に参加したので、
また次回以降のブロにてご紹介します📣

🌸🌸🌸🌸

古着でワクチン

江南 徒然日記2024.01.12

先日のブログで、旧制服を集めてワクチンに換える活動に参加しよう!という内容をお届けしました。

社員の皆さんの協力を得てたくさん集めることができた制服を、
いよいよ発送しました!
協力してくださった社員の皆さん、ありがとうございます!

30kg分の服が入る大きな袋が、4袋いっぱいになりました。

ただ捨てるのはもったいない!
という思いで、「古着deワクチン」の活動を見つけてくださった清子さん。
準備や呼びかけなど実行してくださった新田さん。
ありがとうございました😊

第6回 克己塾~最終講~

人間力の向上2023.11.22

11/20、若手が参加している研修、克己塾第6回が開催されました。
約半年にわたって開催されてきた克己塾ですが、今回が最終講でした。

今回のテーマは、
【真の人財になるために「今」すべきこと】
でした。

研修を受けてのレポートをご紹介します📒

🌳
グループワークで、自社の人ざいの状態について考える時間がありました。
「人在や人剤が過半数」
「人財はめったにいない」
という意見が多く見られました。

🔷会社が進む方向を共有し・共感すること
🔷主体的に行動すること
が、人ざいとしてのステップアップのために必要であるとのことでした。

●吾唯足知(知足について)●
不足しているものを追い求めるのではなく、
今ある環境・人・できごとに感謝をすることが大切であるとのことでした。

不足を補おうとすると、限りがありません。
それよりも、今自分が元気に過ごせていること・仕事ができていることに感謝の気持ちをもっていきたいと思いました。
半年前と比べて急成長!とはいきませんが、
これからじっくり時間をかけて、
前向きな自分になっていけたらと思います。

🌳
講義の中で、「計画された偶発性理論」のお話がありました。
「計画的偶発性理論」とは、個人のキャリアは偶然の出来事の積み重ねによって決定されるという前提のもと、その偶然をチャンスと捉え活かすことで、自分のキャリアを良くしていく という考え方です。
今回6回に渡って参加させていただいた克己塾もその偶然の一つで、その中のグループディスカッションで出会ったほかの会社の方々も偶然得ることができた出会いの一つなのだと思います。
これから生きていく中で、「あの時あの人がこんな話をしていたな」と思い出すことがいつか必ずあると思います。
私自身も、これから出会う誰かの「偶然に得られた、しかし確実に自分の生き方を構築した出会いの一つ」である存在になれるような生き方をしていきたいです。

===========================================
半年間で得られた学びをこれからの人生、仕事にしっかりと活かし、成長につなげていきたいと思います✊

品質管理実践研修

江南 徒然日記2023.11.20

11月18日(土)

第1~第3工場までの各部署から2名ずつ集まり、
品質管理の実践研修を受講しました。

研修中、事前課題で準備していた各部署で起きている問題を、
さまざまなツールを使い解決していきました。

・特性要因図を用いる方法
・WHY(なぜなぜなぜ)と掘り下げていく方法
・HOW(どのようにして、何のために)を掘り下げていく方法

さまざまな分析手法がありますが、
上手に使い分けながら課題解決や品質管理に役立てていきたいと思います。

「グループワークが多く、参加者で協力しながら進めていくことができました!」
とのことでした😊👍

今回の研修を受けて、
各部署・全社での品質管理の意識づけになったと思います。

全員で協力し、ひとりひとりが品質に向き合う会社にしていきましょう💪